top of page

「たまご」で撮影しました (ニューボーンフォトグラファー向けの内容です)

こんにちは 東京都世田谷区を拠点に、ニューボーンフォトの出張撮影をしているAnniversary Photo Yomogi 」です。今回は撮影で使うプロップス(撮影小物)を紹介します。


フォトグラファー向けの内容となりますが、撮影を検討中のご家族の皆様も気軽にお読み頂けます。

 

先日「フォトネクスト」へ行ってきました。そこで、日本ニューボーンフォトセーフティ協会がブースを出していて、プロップス(撮影小物)の抽選会をやっていました。

抽選ボックス

応募したところ、なんと、プロップスが当選しました。

とてもびっくり嬉しいです!

本当にありがとうございます!


(フォトネクスト・・・写真館やフォトグラファー向けの商材紹介やセミナーが多く開催される見本市です)


その当選でいただいたプロップスが「たまご」です。「たまご」は名前の通り、卵みたいなフォルムがとても可愛い入れ物です。


陶器のような見た目ですが、とても軽いです。測ったら 2.2kgでした。赤ちゃんよりも軽いので、撮影の際は「たまご」の中には、ウェイトをずっしり入れて使いました。




撮影の準備風景

◆「たまご」の詳細

サイズ・・・高さ30.5㎝/幅(最大)27.5㎝/トップの内側の直径23.6cm

プライス・・・ 8600円 (2023.6月時点)

表面・・・ややざらざら、少し窪みがある

内側・・・かなりざらざら

材質・・・わかりません。粒子の荒い土で出来た陶器のようにも見えるし、コンクリのようにも見えます。

色・・・淡いグレーと白のまだら


販売時期によって、色や質感は色々変わるようです。この撮影で使ったたまごは、今販売しているものとは異なる場合があります。

また、同じものでも、色味や質感などは個体差があると思います。詳しくは、shhh(シー)さんにお問い合わせをお願いします。



ニューボーンフォト

◆使ってみた感想

あごのせポーズと、手足が出ているタイプのおくるみ姿(ゆるいおくるみ姿)の、2パターンの姿で撮影しました。


トップの入れ口の直径が 23.6センチなので、ファーやクッションを置いて、手足が出た状態(ゆるいおくるみ姿)で、赤ちゃんを入れると、赤ちゃんが入れ物の口の直径にジャストフィットなので、撮影後に赤ちゃんを取り出す時、ちょっと工夫がいります。

私の場合は、ファーと一緒に取り出しました。

(赤ちゃんの日齢やスタイリングによっても変わると思います)


手足が出ないタイプの巻き方(みのむし巻きなど)であれば、スペースに余裕が出ると思うので、赤ちゃんのとり出しは工夫はいらないと思います。


あごのせポーズはスムーズに使用できました。ウェイトは必須です。


ニューボーンフォト

◆たまご自体に高さがあるので、背景は床材だけでなく、壁材またはカーテンの代わりになるものが必要です。

私は[床材と紗幕]を使いました。

紗幕(しゃまく)はレースカーテン代わりです。


紗幕はコマーシャルフォトの撮影現場でもよく使われるアイテムの一つで、とても使いやすいです。

紗幕は、本来はストロボの手前に置いて、ストロボのディフューザーとして使用するものですが、ニューボーンの出張撮影では、ブラインドでカーテンがないお部屋などで、太陽光の調光やレースカーテンの代わりとして使用できるのでとても役立ちます。



◆この撮影で使用したファーは、羊毛(フロカティ)ではなくフェイクファーです。

ウクライナのプロップスメーカー「Propsly」で1年前くらいに購入しました。6,7千円くらいだったと思います。羊毛よりもボリュームは控えめでしんなりとしています、スタイリングによって使い分けています。



◆たまごをアップで撮影してみました。

入れ物の細部を説明する

表面はややざらざらで、ところどころにくぼみがあり、内側はとてもざらざらの質感です。


 

◆関連情報

スタジオウームさん監修のセレクトショップ「Shhh.」 https://shhh-shhh.stores.jp

「Shhh.」の読み方は「シー」とのことです。シーさんに確認しました。



◆私がよく使う紗幕

銀一で購入しました。サイズは 2m×3m以外にも、6m×8mや8m×10mなど、特大のスタジオで使うための特大のサイズの紗幕もありますので、購入時はご注意ください。








 

フォトグラファー向けのその他の記事はこちら


 

今後も楽しく読めるお役立ち情報などを発信していてきます。

撮影を検討中の方は、下記をクリックして予約フォームからお願い致します。




プロフィール写真

bottom of page